任意売却は、住宅ローンの返済に困った方が各金融機関と話しあいのもとで成立し不動産を
処分するための手続きです。
住宅ローンの契約時に、ほとんどの物件に対して貸主(金融機関等)が借主に対して返済期間内に、
返済が滞る場合の為に保険をかけ。それに対して抵当権の設定を行っています。
抵当権がついている物件は、そのままでは売れないので、その場合抵当権の解除をする必要があります。


抵当権を解除するには・・・・・抵当権を解除するには融資金額の残債を全て返済するのが条件です。
売却する物件の金額が残債より多い場合は、問題なく返済できますが、売却金額が残債を下回る時
返済において現金が必要となります。この場合現金で補てんして残債を完済出来れば抵当権の解除が
出来ます。

そこで債務を残したままで抵当権を解除してもらうのが「任意売却」です。