任意売却は、住宅ローンの返済に困った方が各金融機関と話しあいのもとで成立し不動産を
処分するための手続きです。
任意売却の場合には、債権者に対して任意売却の業者から交渉がされるので、
支払い額を減額してもらえる場合がありますし、無理のない範囲での分割払い
金額の提示も押していただける場合があります。

任意売却後の残債は、担保が無いので「無担保債務」となります。
無担保債務は、債権者(金融機関等)から、保証会社やサービサーと呼ばれる
債権管理回収を行う会社に移ります。
その後のローンは、保証会社が債務者に代わって支払うのです。
これを「代位弁済」といいます。
一般的に一般的には、3千円~3万円程度の、債務者が支払っていける金額での
分割返済となるケースがほとんどです。