親族による売買は債権者が認めた適正な
価格であれば、何の問題もありません。
基本、誰に売却しても問題ありません。

例:親族に売却そして賃貸
今あなたの物件を第三者に渡すのは不安
そして、親族の方がその物件を買っていた
だけるのであれば、その物件を、賃貸で
そのまま住み続けるのも可能です。
何もしない、
何も分からないから
相談相手が分からない

そんな人の為に私達はいいパートナーとして
お役に立ちたい
のです。
任意売却をする事は、金融機関との話し合いですので、抵当権の設定された不動産でも
市場価格での売却が出来るようになります、債務者も、金融機関もお互いにダメージを
最小限
にする事も可能です。
この話し合いは、金融機関に直接お話しに行くのでなく「任意売却業者」に入ってもら
います、弁護士さんへの相談は「個人再生」等を行う時の相談となりますのでお気をつ
けてください。